〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-15-4 奥山ビル6階(JR水道橋駅西口から徒歩2分)

営業時間
10:00~19:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

  お気軽にお問合せください  

03-6264-8320

人事評価制度の運用サポート・チューニング

人事評価制度の難しいところは、設計段階・完成段階ではこれはうまくいきそうだ!素晴らしい制度ができた!と思っても、実際に運用していくと設計段階では見えなかった課題がみつかり、うまく機能しない点があげられます。

どんな制度も作ってからがスタートといえますが、人事評価制度も当然同じことが言えます。

この人事評価制度の運用サポート・チューニングは今既に人事評価制度があるけれども、いまいち思ったような成果があがらない、人の成長に繋がっていない、うまく運用できていないと感じている企業様に対するサービスとなります。

以下に、運用サポートにより課題を発見し、チューニングをした実例をご紹介いたします。

人事評価制度の運用面でのチューニングの例

評価項目、評価シートの改良

人事評価制度の肝は、やはりどんな要素で評価を行うのかという評価項目であり、実務上の対応としてはどんな「評価シート」を作成して活用するかという点にかかっています。

運用サポートの相談においても、やはりこの評価項目と評価シートに関わるチューニングは多いと言えます。

現在運用している中で、どんな課題があるのかを分析したうえで、課題を解決するための改良を実施します。

目標管理制度、目標管理シートの改良

人事評価制度の要素の1つに目標管理を入れる企業は多いです。

しかし、運用していたとしても、社員の成長に活かされ上手く運用ができているかといえば、そこまでできている会社はそこまで多くないのが実情です。

そもそも適切な目標を立てること自体が慣れるまでは難しく、部下の目標設定に積極的に関与できるマネージャーも少ないというのが経営者の本音です。

自社の実態に合わせ、ステップバイステップでマネージャーの育成にも繋がる目標管理シートにしていきます。

人事評価と賃金への反映方法の改良

人事評価制度の査定結果をどのように、賃金・昇給・昇格・賞与といった待遇にリンクさせるのかという点も、運用後の悩みとしては多くなっています。

もちろん、システマチックに待遇にリンクさせることは社員にとってはわかりやすい制度になると言えます。

しかし、人事評価の高さ・良さと企業業績が常に一致するとは限りません。

むしろ、自分自身の人事評価の優劣が企業業績に直結するようなポジションにいる方が珍しいといえるでしょう。

利益に直結する営業マン以外の管理部門のスタッフをはじめとした数字に見えにくい職種の場合、人事評価が良くても、企業業績が良くないタイミングもあります。

これらの矛盾をどう制度として落とし込むのか?この点もチューニングの面でよくある事例となります。運用していたとしても、社員の成長に活かされ上手く運用ができているかといえば、そこまでできている会社はそこまで多くないのが実情です。

そもそも適切な目標を立てること自体が慣れるまでは難しく、部下の目標設定に積極的に関与できるマネージャーも少ないというのが経営者の本音です。

自社の実態に合わせ、ステップバイステップでマネージャーの育成にも繋がる目標管理シートにしていきます。

人事評価制度の運用サポート・チューニングサービス

月額報酬 ※最低3ヶ月 100,000円 × サポート月数

※人事評価制度の運用サポート、チューニングサービスはお客様の課題の内容によって、サポート期間、ゴール、スケジュールを設定させて頂きます。

※概ね3ヶ月~6ヶ月の間にてスケジュールは設定いたします。

人事評価制度運用サポートサービスの流れ

現状の課題把握、ゴール設定

まずは、お客様が抱えているお悩みの原因、現在どういった事態になっているのか、現在運用している人事評価制度の内容を把握させて頂き、どんな点が課題になっているのかを把握させて頂きます。

そのうえで、解決までのゴール設定とスケジュールを検討し設定させて頂きます。

運用書式、諸規程の詳細把握・分析

人事評価シート、目標管理シートの運用フォーマットや人事評価制度規定や資格等級規程といった諸規程類についても内容を確認させて頂きます。

また、必要に応じて社員の方から現状の制度に関する意見を聴取させて頂きます。

現状制度、運用書式の改良・チューニング

課題を解決するための運用書式、諸規程類を改良していきます。

改良のポイントは、シンプルさと具体性のバランスにあります。

人事評価制度の運用面での良くある課題が複雑すぎること。よって、シンプルであることは解決策の方向性の1つとなります。しかし一方で、シンプルにしすぎると抽象的でよくわからない制度になり、具体性に欠けるという課題も生まれます。

会社の状況に合わせたベストバランスで改良・チューニングを実施します。

実行サポート・導入フォロー

改良を実施した後は、幹部層への変更事項の周知・浸透といった導入のフォローを実施します。

実際に新制度を導入し運用をしていくスケジュールの立案についても二人三脚で検討し、新制度がうまく導入できるようにサポートいたします。